人間関係がイヤすぎて会社やめました。

人間関係つらすぎて2019年1月からクラウドソーシングをしていましたが、また働きはじめるらしいです。

無職で良かったけど、悪かったり。

f:id:poyomi3:20190110120514j:plain

こんにちは、ぽよみです。

 

現在絶賛在宅ワーカーを名乗っていますが

実質仕事なし!ほぼ無職です。

 

無職というと聞こえは悪いのですが、会社を辞めてよかったと思うことがさっそくおきました。

 

実は我が家ではうさぎを飼っているのですが

どうやら2018年の秋ごろから調子が悪く、というのも目が異常に飛び出しているのです。

夫がいろいろ調べてくれた結果、肺に異常があると目が飛び出てくるらしいということで

その情報が載っていた動物病院に行ったのが2018年12月のはじめ。

レントゲンを撮った結果、

「肺腺腫であることは間違いないがここまで大きいともはや手の施しようがない。

正直いつ何があってもおかしくないので、移動もかなりの負担になるはず。

なので、薬だけ処方してあげるので連れてこなくていいです。」

というありさま。

 

一旦ステロイドを投薬したところ、目の突出は落ち着き呼吸も少し楽になったように見えたのですが

投薬から約2週間、また目が飛び出ている・・・。

本当に何も手立てがないのだろうかと考えていた時に、夫が同じ症状で完治したうさぎを見つけ

その飼い主様とコンタクトをとってくれたのです。信じられない行動力。

そして行ける範囲内の動物病院であることがわかったので、受診を決意。

 

診断結果は肺腺腫で同じだったが、ここの病院では穿刺で溜まった水を抜いてくれる処置ができるとのこと。

針を刺すということに抵抗があったが、前述のうさぎさんは穿刺によって症状が改善したためお願いをする。

そのほか、心臓にも負担がかかっているであろうからということで、心臓エコー検査などもお願いした。

 

夕方検査が終わり迎えに行き、検査結果を聞く。

この日、穿刺によって胸水は約22ml、肺線腫は約5mlの液体を抜くことができた。

その結果、レントゲンを見たが素人目で見てもかなり改善したなとわかるくらい、空気の入る部分が広くなっていた。

心臓については、やはり肺腺腫が圧迫していることもありかなりの負担になっているとのこと。

肺動脈高血圧症になっているということと、それに伴い他の血管にも負担がかかってきているため、

心臓に対してのフォローも併せて行っていくことになった。

 

これだけの大検査、正直人間は朝連れて行って夕方迎えに行くだけではあるものの

休日は混んでいて無理だろうから、やはり平日に行くのがベストであろう。

そして、もしかすると何か起こる可能性もゼロではないので

なにかあった時にすぐに動けるような状況が必要なのである。

これは会社勤めだったら無理だっただろうなと思う。

有休がたんまりあれば別だが、私自身在職中はとある病気のため2か月に1回入院を伴う手術が必要で

(といっても1泊で終わるのだが)

会社を辞める時もほぼ有休が残っていなかったので

今年も引き続き会社勤めをしていたら欠勤扱いになっていたか、夫に任せきりだっただろう。

元々私が独身時代から飼っていたうさぎを、言うならば「連れ子」として一緒に住むことになったのだから

私がきちんと面倒を見るのが当たり前だと思うので。

本当に会社辞めてよかったなーと思いました。

 

悪かったところ。

治療費が高ぇ!!!

レントゲン7,000円。人間だったら3割負担で1,260円。

超音波検査8,500円。人間だったら心電図検査が3割負担で1,250円。

この日トータルでかかった金額は、なんと約4万7,000円。

しかも往復タクシーで通院したので、タクシー代が約5,000円。

2週間後は再度レントゲンを撮り、水が溜まっていたら再び穿刺。

1か月後には薬が効いているのか確認するために心臓のエコー。

ということは1か月で15万も飛んでいくのか。

 

ひぇ・・・・・。

 

幸い、夫もうさぎを溺愛しているため夫婦の預貯金から治療費を捻出することになったが

もしひとり暮らし、または夫からの理解が得られずに無職で治療費を出すとなっていたら

多分3か月くらいで破産していたでしょう。

とはいえ、大切な家族の一員ですから病院に連れていかないわけにもいかないですし

怪しい商売に手を染めていたかもしれません。

 

在宅でもだらけず仕事をしなさいよ、という忠告だと思い

引き続き仕事は貪欲に探していこうと思った次第です。

できそうなことに応募しまくっていたら、さっそく1件決まりました。

頑張ってお金かせぐからね!!!

プライバシーポリシー・お問い合わせはこちら