人間関係がイヤすぎて会社やめました。

人間関係つらすぎて2019年1月からクラウドソーシングをしていましたが、また働きはじめるらしいです。

無職になって1か月、無職で良かったこと。

f:id:poyomi3:20190126150038j:plain



こんにちは、ぽよみです。

無職となり、もうすぐ1か月が経とうとしています。早い!

 

今日は無職になって良かったことを発表したいと思います。

(悪かったことは別の記事で発表します~。)

また半年とか1年経ったら変わるかもしれないけど、現時点ってことで。

 

良かったこと!

 

人間関係のストレスがない。(大切!)

ブログタイトルそのままですが、本当人間が心底イヤになり会社辞めたので

人と関わらなくていいというのは素晴らしいです。

こうやってコミュ力が退化していくのかなとも思ったりしますが、今のところ快適です。

 

脚がむくまなくなった

服薬中の薬の影響もあり足がむくみやすいのですが、足が全然むくまなくなりました。

どれくらいむくんでいたかと言うと、夫いわく

「俺の父さんが脳梗塞で倒れたときに足が棒みたいに固くなっちゃったけど、そのときくらい固い!」

とのこと。たとえがひどい。笑

オフィスワークだったし、今と状況はあまり変わらないのでなぜ改善したかは不明です。

 

満員電車に乗らなくていい

満員電車により毎日具合が悪くなっていました。

特に丸ノ内線を利用していたのですが、車両も狭いし、駅のホームも空調があまり効いていないのか

冬なのに空気がもわっとしていて、電車待ってるだけなのに動悸がしたりしていました。

今はほとんど電車に乗らないし、乗ったとしても通勤時間ほどの混雑ではないので大丈夫です。

 

規則正しい時間にごはんを食べられるようになった

昼休憩が決まっていなかったので、ある日は12時に食べたり、ある日は15時に食べたり、

なんならお昼休憩とれなかったり、残業で帰宅は22時。カップラーメンすすって風呂入って寝る。

みたいな生活をしていました。

今はお昼も同じ時間にごはん食べれてるし、夕食もほぼ作ってます。

カップラーメンがたまの楽しみになった。笑

 

自分の塩梅で仕事ができる

これは良い部分でもあり、悪い部分でもある。

ごはん食べた後眠いな~って思ったら2時間くらい昼寝しても誰も何も言わないので最高。

 

時間を考えず好きなことができる

例えば、先日もサロンデュショコラに行ってきましたが

poyomi.hatenablog.com

会社勤めの時であれば、激混みであろう土日か、平日に有休をとって行かなければいけないところを

好きな日時を選んでゆっくり買い物することができました。

来週以降も平日に色んなことを満喫する予定です。

勤め人だったときとか消耗しすぎて土日もずっと寝て終わりみたいなこととかもあったので

時間を有意義に使うことができるって素晴らしいなと。

 

ってかんじですかね!

時間ができたことと、体調が良くなったことが大きいです。

 

次回は無職で悪かったことを発表していきたいと思います!

プライバシーポリシー・お問い合わせはこちら