人間関係がイヤすぎて会社やめました。

人間関係つらすぎて2019年1月からクラウドソーシングをしていましたが、また働きはじめるらしいです。

子宮内膜異型増殖症の治療が一段落したので、病気についてまとめてみる。その1~自覚症状と病気の発覚~

f:id:poyomi3:20190324223812j:plain

こんにちは、ぽよみです。

 

以前、抗がん剤を飲んでいるぞという話をしたのですが

治療がようやく一段落しました。

記録的な意味合いと、他にこの病気で悩んでいる人の参考になればと思い

病気について書かせていただこうと思います。

(興味の無い方はスルーでお願いします・・。)

 

自覚症状と病気の発覚

そもそも元から生理不順気味&不正出血で

生理なのかよくわかんない出血がだらだら続いていました。

2か月ずっと出血してると思ったら、3か月何もない。みたいなかんじです。

結婚式も無事終わり、翌月ハワイにハネムーンへ。

到着したとたん、不正出血のようなものがはじまりました・・。

そして帰国してからも終わらず、1ヵ月経っても、2カ月経っても止まらず。

ちょうどそのころ、転職活動をしたり、入社したりで精神的なストレスもあったので

まあ多分それが原因でしょう。なんて気楽に思っていたのですが

4か月経っても出血が止まらない。

これはさすがに何かおかしいぞ、と思いようやく近所のレディースクリニックにかけこみます。

これが「2017年6月」の話です。

ホルモンバランスが崩れているのでしょう、ということで中用量ピルを処方され

翌月また受診してくださいということになりました。

 

翌月、再度受診したところ、生理後にしては子宮内膜が厚いということで

念のため子宮体がんの検査をすることになりました。

生理がある女性では、おおよそ内膜が20mm以上あると「通常よりも内膜が厚い状態」だそうですが

このときの私は、生理後1週間で内膜が26mmありました。

そして、検査も通常は「細胞診」というものを行い、結果が悪いと「組織診」を行うのですが

私は細胞診をすっとばし、組織診をされました。

よっぽどクロだと思ったのでしょうか・・。笑

 

そして、検査の結果

「子宮内膜増殖症」

と診断されたのでした。

(この時はまだ異型はついてない増殖症です。)

 

そんなかんじで、2017年7月からは子宮内膜の増殖を抑えるため

プロベラ」を処方し服用することになり、月1回通院することになりました。

 

そもそも子宮内膜増殖症ってなに?

www.med.osaka-cu.ac.jp

 

子宮内膜というのは、保健の授業などでは俗に「赤ちゃんのおふとん」と言われているのですが

妊娠を成立させるために内膜を厚くし、成立しなかったら常にきれいな状態にしておくため

内膜が剥がれ落ちます。(これが生理)

ところが、その内膜が異常に増えすぎている状態が子宮内膜増殖症です。

最近では子宮内膜が薄いと不妊の原因になるとかという話もあるので、

厚い分にはいいんじゃないの?と思うのですが

どうやら結局細胞なので、異常に増えすぎると悪いことしはじめる細胞もいるみたいです。

また、増殖症の中でも「単純型」「複雑型」とわかれており

(最近はあまり区別してなかったりするみたいですが)

 

子宮内膜増殖症 - 単純型・複雑型

子宮内膜異型増殖症 - 単純型・複雑型

 

で分類されます。

わたしは「複雑型子宮内膜増殖症」で(この時点では)

子宮体がんに移行する確率は3%と言われています。

 

そういえば・・と今だから思うこと

病気が発覚するのは2017年7月だったわけですが

その前年の2016年4月、今までにない出血に見舞われました。

生々しい表現で申し訳ない&男性はあまり想像ができないと思うのですが

30分に1回、こぶし大の血のかたまりが出てきて、そのたびに大量出血するので

夜用のナプキンを30分で変えなければいけないほどでした。

しかも、それが1日ではなく5日間も続いたのです。

人間ってこんなに血出て死なないのかな、って冷静に思うくらいにヤバかったです。

なんとか死にませんでしたが、少し歩いただけで息切れがするくらいには貧血になっていました。

この時点で病院に行ってほしかった・・。

でも実は別の病気で大学病院に通院していたのですが、そこでは何も言われず。

ただ、担当医の専門は不妊症だったのであまり腫瘍学は詳しくなかったのかもなんて思ったり。

(そこも結構婦人科領域では有名な病院なんですけどねー。)

 

次につづきます。

プライバシーポリシー・お問い合わせはこちら