人間関係がイヤすぎて会社やめました。

人間関係つらすぎて2019年1月からクラウドソーシングをしていましたが、また働きはじめるらしいです。

子宮内膜異型増殖症の治療が一段落したので、病気についてまとめてみる。その2~治療のはじまり、ヒスロンHの副作用~

f:id:poyomi3:20190324224045j:plain

 こんにちは、ぽよみです。

自身の病気が一段落したため、記録と啓蒙のために書いています。

今日は異型に移行してからの話です。

 

異型に移行

2017年10月に内膜の組織診をしたところ、「異型」があると診断され

総合病院に紹介状が出されました。

そのため、検査結果が出た4日後には総合病院を受診し、あれやこれやと検査されます。

最終的な診断は2018年1月の内膜掻把(TCR)の結果で決まるのですが、

その手術の病名のところに「子宮体がんの疑い」って書かれていたのは

地味に結構ショックでした。わいまだ28歳やでwww(しょんぼり)、ってなった。

 

結果としては「子宮内膜異型増殖症」ということで、がんには移行していませんでしたが

治療が必要ということで、子宮全摘かホルモン療法を選択を迫られることになりました。

 

でも今だから思うのですが

組織診は一部しか切り取らない=あたりくじみたいなもんなので

7月はたまたま悪いところがとれなかっただけなんじゃないか、と考えたりもします。

 

セカンドオピニオン

担当医のほうからセカンドオピニオンしたらどうですか、みたいなかんじで言われたので

がん研有明セカンドオピニオンに行くことにしました。

わたしは慶応とかもいいんじゃないかと思っていたのですが

担当医と夫で色々と勝手に決めてしまったもので、数日家庭内冷戦みたいなかんじになっていました。

まあ今だから笑えるし、大した病気でもないのでよかったですが

(といっても子宮とるって大ごとだけど)

あとであーだこーだ言われてもあれなので

どの病院にセカンドオピニオンに行くかは、基本的に当人に任せるのがよいのかと思います。

(当人が正常な判断ができるのであればですが。)

 

わたしたちはあまり子供を持つことに意欲的ではなく

夫も、未来の子供よりもわたしが生きることのほうが大切だから、という考えがあり

わたしも子供を産むことに対してあまり積極的ではなく、かつ生理がひどすぎてげんなりしていたので

子宮全摘もありかなと正直思っていたのですが

がん研で「40過ぎてもう子供産めないような人でもホルモン療法したいっていう人がざらにいるのに

やけにあっさりしてますね。もう少し考え直してはいかがでしょう。」とたしなめられ

じゃあどうすればいいんだよ!とやや半ギレになりながら

お台場でパンケーキを食べたことも今ではいい思い出です。笑

 

ホルモン療法(MPA)のはじまり

結局取らなくても治るならそっちのほうがよくね?ってことになり、MPA療法をはじめることになりました。

1日3回ヒスロンHと、血栓予防で1日1回バイアスピリンを服用し

2カ月に1回内膜掻把をする、というスケジュールでした。

2018年3月から服薬し、5月、7月、9月、11月、2019年3月と、5クール治療を行いました。

9月ころから異型もあるし、異型じゃないところもある。みたいな診断になってきて

2019年3月には異型はなくなりました。(が、増殖症ではある。)

なので、一定の効果はあったのではないかなと思いますが

薬が効いたのか、TCRが効いたのか、はたまたどちらも効いたのかはよくわかりません。

ただ、治療をしなければ異型は消えていなかったと思うので

その点では治療をしてよかったかなとは思っています。

 

ヒスロンHのの副作用

太る。死ぬほど太る。

約1年で15kg太りました。絶賛しにたいです。

休薬中なのでダイエットにいそしんでいますが、体が重いので運動すらしたくなくなる・・・。(クズ)

 

なんかひげが濃くなる。

あごのあたりに、おっさんみたいな太い毛が数本生え相当なショックを受ける。

ショックすぎて顔脱毛始めました・・・。最近だけど・・・。

 

たまに頭痛がありましたが、もともと片頭痛持ちではあったので

副作用なのかはよくわかりません。

頻度はやや増えたかなと思ったりしますが、気のせいのような気もします。

 

夏はめちゃくちゃのどが渇いて、会社で水2L飲んでました。

水の飲みすぎが原因なのか、脚がめちゃくちゃむくんでいて

夫に「父さんが脳梗塞で倒れた時くらい固いよ」とドン引きされていました。

会社を辞めてからは服薬していても、なぜかむくまなくなりました。

なので、副作用なのかは正直よくわかりません。靴の問題な気がします。

 

あとは体温があがりました。

元々平熱は36.4度ほどでしたが、1度あがって37.4度が平熱です。

すぐほてります。でも痩せません。クソっ。

冬場は大体1度は風邪をひくのですが、風邪はひきませんでした。

たしかに体温があがると免疫力はあがるのかもしれません。ただし代謝はあがりませんでした。クソっっ。

休薬してから2か月ほど経ち、体温はやや下がってきました。

 

治療法の選択について

わたしたち夫婦の「子供をもたなくてもいい」という考え方は

最近では社会でも受け入れられてきてはいるものの

「子供をつくらない人間は生産性がない」という政治家もいます。

 

最近は「多様性」という言葉のもと、自分と違う考えも受け入れなければいけない社会の雰囲気から

まあそういう考えもあるよね~なんて賛同しつつ、

心の中では、「こいつら頭おかしいんじゃないの?」って思われてるんじゃないかと

めちゃくちゃ被害妄想にふけっています。

わたしは被害妄想がめちゃくちゃ得意なのです。被害妄想でご飯1合炊けるくらい泣けます。

 

一度は「子宮全摘」という判断もしたのですが

結果的に温存してよかったかな、と思っています。

子供を産む、産まないというよりは

やはりそこにあったものがなくなることにより

排尿障害とか別のことが起こるということもわかってきたので

子供いりません、じゃあ取ります。っていう短絡的な行動に出なくてよかったかなと。

 

これが再発したときにどう思うかはわかりませんが

現時点では少なくとも取らなくてよかったと思います。15kg太ったけどな。

うーん、15kgも太るなら取った方がよかったのかなー。

結果的に取ることになるなら太る前に取った方がよかったのかなー。

うーーーん。いや、よかったと思います。

やっぱりおなかをあけるのは大変なことですから。

それに選択肢がない方もいるので、なんて贅沢な悩みなんだろうとも思います。

 

つづきます。

プライバシーポリシー・お問い合わせはこちら