人間関係がイヤすぎて会社やめました。

人間関係つらすぎて2019年1月からクラウドソーシングをはじめました。

夫の扶養にはいりたい

f:id:poyomi3:20200207141316j:plain

こんにちは、ぽよみです。

 

絶賛専業主婦中なわけなのですが

国保とか年金とかの支払いがきつくなってきたので

ついに旦那の扶養にいれていただくことになりました。

わたしのせいで超絶手続きが面倒だったらしのいので

記録に残していきたいと思います。

 

まず、わたしが会社を辞めたのは2018年12月のことなのですが

その後はフリーランス等々で130万円以上稼ぐつもりがあったので

夫の扶養に入る手続きはしていませんでした。

そのため、国民年金も健康保険も自分で支払いをしていたわけです。

 

参考

poyomi.hatenablog.com

 

6月くらいには再就職もすることが決まったりしたので

そのままにしていたわけなんですね。

(ちなみに再就職する会社は厚生年金がないため国民保険を継続

健康保険は↑の記事の通り、会社理由退職扱いになったことにより

軽減措置がとられてこっちのほうが安いので国保を継続していました。)

まあがん保険とかももらってお金はそんな困ってなかったので

別に支払いは問題なかったですしね。

 

で、11月に会社辞めて、そのまま妊活するから専業主婦になることになり

いよいよ金がねえ!というのは冒頭に書いた通りなのですが

夫の扶養に入れてもらうことにしました。それが去年の年末の話ですね。

 

年明けにこれらのものを用意してくれと言われ準備をしました。

・住民票(夫と私の二人分が記載されているもの)

マイナンバーがわかるもの

・退職証明書

 

たしか雇用保険関係の書類送ってもらった時に入ってたような気もしましたが

そんなの捨てましたよ。←

しかも退職代行を使って辞めた会社だし二度と連絡取りたくなく

離職票ではだめなのか?(それならすぐ出せるぞという空気を出しながら)」と

確認してもらったのですが、退職証明書が必要ということで

しぶしぶ連絡をするはめになりました・・・。

退職代行に請求してもらうことはできますか、と確認してみたのですが

要望書を書いて送付してくださいという返信だったので、やむを得ず自分でコンタクト。

 

1週間くらいして、退職代行を使って退職したことに対しての皮肉コメント共に

無事退職証明書をゲット。(うるせーばーか、と心の中で唱えた。笑)

しかし、結果的には離職票でも大丈夫だったぽいです。

わたしの労力を返せ!!!!

 

で、まあなんとかそろったので出してふう・・・ってなってたのですが

夫から急に電話が。

「今ぽよちゃんって自分で国民年金払ってるの?」

ええ、そうですけど・・・。

 

「そしたらなんか遡って扶養に入れるかもしれないみたいで

今まで払ってた分返ってくるかも!!!」

 

マジですか!!!!!!!!(歓喜の舞)

 

で、追加でこれらの書類をもってこい、と言われました。

・所得証明書

・「支給終了」が確認できる雇用保険受給資格者証

 

所得証明書は役所に行けばすぐ発行してくれるのですが

問題は雇用保険受給資格者証。

6月で支給は終了したし、なんなら一旦再就職してるし

もういらないか、と思ってそんなものとっくに捨てています。←

てことでハロワに取りに行くことになりました。

(別記事で書こうと思います。)

 

ということで、最終的に用意した書類はこちら

・住民票

マイナンバーのわかるもの

雇用保険被保険者離職票(あるいは退職証明書)

雇用保険受給資格者証

・所得証明書

 

状況によって用意するものは変わると思うのですが

とりあえずわたしが用意したのはこんなかんじでした。

参考にしてみてくださいませ。

 

年金も国保も返金されるらしいし、生命保険分の確定申告の還付分もあるし

これでSwitch買ってどうぶつの森やるんや・・・!

るんるんしているわたしでした。

 

抜け出したい人はこっちですね。

夫の扶養からぬけだしたい

夫の扶養からぬけだしたい

  • 作者:ゆむい
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 単行本
 

 

プライバシーポリシー・お問い合わせはこちら